2007年03月12日

母子二人の入浴テク

まぁ、大したテクでもないですが、お座りが安定して一人で待たせられるようになる以前の入浴手順など・・・
子供だけいれて、後でオットが帰ってきてから入り直してもよかったんですが、この時期は寝かしてもおっぱいで息子が不規則に起きていたので却って面倒で、一緒に済ませたかったという事情がありました。

まず洗面所に転がして(またはバンボソファに座らせて)、私がメイクオフ。
一緒に脱いでお風呂場に入り、一緒に湯船に浸かりました。
顔周りはこの時に流してしまい、息子が汗ばんでくるぐらいに暖まったら洗い場にでて、息子はベビーバス(またはバンボソファ)に座らせて、シャワーがかからない位置で待機。
退屈にならないように、浴槽外側の手が届くところにSassyのボピングスプライツをぶら下げておくのが定番でした。←使い方としては間違っているしキャラクターは逆さまになるんですが、息子にはカンケーありませんでした(笑)
まず私が髪を洗ってトリートメントをつけます。
その待ち時間に息子を洗いました。
そしてまた同じように待機させて、私が残りを洗い、最後に息子をもう一度シャワーで一流ししておしまい。
私が先に拭いてバスローブを羽織り、息子を拭いてからそのままタオルに包んであがりました。
熱が冷めるまで、タオルの上に転がしておきながらスキンケアをし、着替えさせておりました。

ちょうどこんな時期が初夏〜夏だったのでこんな感じです。
少し寒くなってからは、洗った後でもう一度湯船に浸かったり、入る前に暖房を入れてお風呂場を暖めたりはしましたが、基本的には同じ手順です。

つかまり立ちをするようになった頃は、上の待機をすべて浴槽内でさせました。
ふちにつかまって立っていると、余計ないたずらができないから(笑)
でも自分が目をつぶる時は、静かに沈んでしまうことがないか不安で、いつも話し掛けながらして返事で無事を確認していました(^_^;
洗い場に上げて自由にさせるとシャンプーのボトルとか水道関係をいじるし、足元が不安定なのでいつ転んで頭でも打つかと思うと、ちょっとできませんでした。

なんだか世の中では、お風呂はパパがいれるもの〜みたいな風潮もありますが、うちはオットが遠距離通勤でいつも帰りが遅いので、息子を8時頃には寝かせたくて最初からお風呂は私の担当。
半年ぐらいまでは、オットはほとんど入れたことがありませんでした。
息子は肌トラブルも多かったので、いれながらスキンチェックもしていたし、全身状態のチェックもできるので、私もそれでOKでした。
ある程度大きくなってからは、週末はオットが一緒に入るようになりました。
男同士なので、それもまたよしです。
平日は朝の短い時間しか会えないので、二人はここで仲を深めています(笑)
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おふろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

洗い道具などなど

ベビーバスで入れていた頃は、顔周りはガーゼを使っていましたが、大人と一緒のお風呂に入れるようになって海綿を使うようになりました。
あまり安いものではないんですが、敏感肌の息子には合っていたみたいです。
1歳ぐらいまでは、何度も海綿をリピートしてました。
その後は、ソープを泡で出るタイプのものから固形に変えたのと同時に、キュレルの敏感肌用タオルを組み合わせて使っていました。

シャンプーは別に用意した方がいいという人もいますが、ずっと身体と同じ洗浄剤で洗っています。
特に問題は感じません。
洗浄剤自体も、そろそろ大人と同じでも・・・と思ったりしますが、まだ時々じんましんが出たりもするので、肌状態が落ち着いたら考えます。

入浴剤は、エモリカ、クユラ、フェルゼアを使ってきました。
水道水の塩素の影響もあるかと思って、さら湯には入れていません。
この辺は、確かめたことがないので効果の程は分かりませんが・・・

お風呂椅子は、「準備編」で書いたように最初はベビーバスを転用していました。
かなりの間おとなしく座っていたのですが、一人座りするようになると身体を起こすようになりました。
6ヶ月過ぎてから、お部屋で「バンボソファ」を使うようになったのですが、素材的に濡れても安全そうだったので、これをお風呂でも使用。
濡れても、しばらく洗面所に伏せておいて、軽くふき取ればすぐに室内に持ち込めたので重宝しました。
それも、1歳前後でつかまり立ちが上手になると抜けるようになり、その後は浴槽内に立たせて待機。
それすら嫌がるようになってからは、でたがれば洗い場に出して好きなようにさせています。

お風呂は、平日はほとんど私が一人で入れてきました。
この辺のテクというか手順については、また別の記事で・・・
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おふろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

入院荷物

妊娠の経過が順調だったこともあり、正産期に入る頃に準備しました〜。
自宅から入院するつもりで、かつ日中は一人だったため、急に産気づいたら自分で病院に行く覚悟だったので、いつでも持ち出せる状態でバッグに詰めて廊下に置いてありました。
すぐに必要なモノは小さめのバッグに入れ、携帯だけ足せば出かけられる状態に。
後からオットに持ってきてもらうものはキャリーバッグに。

小さいバッグ
お金、保険証、診察券、母子手帳、500mLペットボトルの飲み物&ストロー、ハンドタオル、髪留め、スリッパ、給付金受給関連の書類、院内用の小さな布バッグ

キャリーバッグ
出産パジャマ(4セット)、産褥ショーツ(3枚)、授乳ブラ(3枚)、夜用ナプキン(1パック)、タオル(3枚)、ガーゼハンカチ(赤ちゃん用:5枚)、母乳パッド、赤ちゃんの退院用の服(短肌着、コンビ肌着、2wayオール)、携帯の充電器
他に、洗面用具・コップなど病院から指示のあった日用品


パジャマは、授乳口がついていてロング丈のもの(エンジェ○ーベのもの)は1セットだけ。
1セットはまったく普通のパジャマで、残り2セットは部屋着っぽいカットソー(授乳口付き)とスパッツのセット(ベルメ○ンとエンジェ○ーベのもの)でした。
結果、新米母ちゃんの授乳ではスマートに授乳口を使ってやってる場合じゃない(ケアなどもあるし)ので、みんな前全開が普通でした(^^;
丈も長いのが必要だったかと言えば・・・私の場合は、別に〜という感じでした。
産褥ショーツ(ベルメ○ン)も使ったのは初日だけ。
妊婦雑誌などで、診察時に必要〜みたいに書かれていたのですが、産院では朝のチェックは各自自室でだったので、普通に脱いでやってもらっていました。
お手洗いも、産後6時間から自室のトイレで済ますので、産後すぐの導尿の時以外は特にがばっと開くショーツである必要はありませんでした。
入院中はお洗濯がなくても大丈夫な量を持ち込んでいましたが、結局は母が毎日洗って持ってきてくれました。
病院の暖房が強めで特に授乳時は暑くて汗だくになり、予想外に一日に何度か着替えたのでとっても助かりました〜♪

小さいバッグに入っているものは、ペットボトルと書類、ミニバッグ以外は普段のお散歩でも大体同じものを持ち歩いていました。
あと、出産時にはコンタクトはしていられないこともあり、この時期は普段から眼鏡で生活していました。

お世話になった産院では陣痛室に入ってよいのは夫だけで、基本的にクローズドでした。
あまり頻繁に出入りはできないと思われたので、小さいバッグからハンドタオル、携帯、飲み物&ストローだけをミニバッグに入れて持ち込みました。
イキミ逃しグッズの予定がある人は必携ですが、私は・・・タオルが役に立ちました!!!
呼吸法だけで特に策はなかったんですが、握りしめたり、分娩時の大汗をぬぐったり。
必需品ですね。
あと、飲み物。寝たまま飲めるようにキャップ付きのストローを100均で買っておきました。
中身は、甘いものは喉が渇くのでNGだと思います。
それでなくても、呼吸法で喉がはりつくので。

小さな個人産院なので売店はなく、飲み物の自販機があるだけでした。
売店がある場合には、現地調達できるものも結構あるのかもしれませんね。
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

準備〜チャイルドシート

はー。
ネットトラブルではあるんですが、この記事、もう2回書いて2回とんでます。
ヘコむなぁ・・・・・

気を取り直して。
チャイルドシートは、車で退院するならすぐに必要ですよね。
里帰り出産の人は、あらかじめ送っておく人もいるらしいです。
私は、臨月に入る頃に買いましたが、予定日出産だったからよかったようなものの、少し遅いですね(^^;

数をおいているお店でチェックし、詳しいお店の人に話を聞いて種類を絞りました。
その後で、何店舗か回って値段チェックをし、結局最初のお店で購入しました。
アップリカの、マシュマロベッドサーモW850という機種です。
新生児期に水平ベッドになることと、乗せ下ろしが楽なようにターンがフリーであることぐらいがチェックポイントでした。
最後まで、コンビのゼウスターンと迷ったのですが、後ろ向きで設置した時に、台座部分と対面する仕組みなのがどうしても気に入らなくて、アップリカに(こっちはシートと対面します)なりました。
息子が1歳になったころに、レンタカーでゼウスターンを試すチャンスがあったのですが、アップリカより座面が高くて見通しがよかったのか、チャイルドシートイヤイヤ期だったにもかかわらず、息子はご機嫌で乗っていました。
なので、どっちにしても大差なかったかもしれません。

ただ、乗っている方の快適さと安全性は別物なので、その辺はよく理解して納得した方がいいと思います。
私は読んでいなかったのですが、ちゃんと調査された結果も公表されているので、参考にするといいと思います。
http://www.nasva.go.jp/mamoru/childseat.html

シートの性能とは別に、ちょうど後ろ向き時期にイヤイヤ期が重なって大変でした。
しかも、少しでも薄暗くなれば怖いのか大泣きして・・・
私一人だと、もしかして何か苦しいのでは?と思って止まって確かめてばかり。
下ろせばすぐに泣きやむのですが、また乗せれば号泣で・・・
確認用の鏡なんかも売ってはいるのですが、姿が見えると却って泣くかなと思ったのと、結構お高いのとで購入せずでした。
辛い思いをして連れ帰ったことも多く、車での外出は敬遠しがちでしたね〜。

それも、前向きシートにする頃には、言葉も通じるようになったし、また助手席に誰も乗らない時はヘッドレストを外して視界をよくしたのもあって、息子自身がドライブを楽しめるようになりました。
泣いてもわめいても、一貫して「車に乗る時はシートに乗らなきゃダメ」という姿勢を貫くことも大切かもしれません。
子供って、親の心の揺れがあれば、確実に突いてきますからね・・・(苦笑)

余談ですが、キッズタイプに乗りかえる時には、レカロが気になるな〜と思ってます。
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

準備〜お部屋関連

ねんね関連で買ったものは・・・
ベビー布団セット(掛け、肌掛け、敷き、枕のセット)
綿毛布2枚
タオルケット
防水シーツ2枚
シーツにもなる大判バスタオル2枚
ハイローチェア


息子が生まれた時に住んでいた家が、2DKの狭いアパートだったので、ベビーベッドは用意しませんでした。
1部屋に私の布団と息子の布団を並べて、寝室兼居室に。
お掃除をするときや、大人が食卓でご飯を食べる時に起きていれば、ハイローチェアを高い位置にして寝かせていました。

生後1ヶ月で引っ越し、少し間取りに余裕があったので、親戚が使え使えと言ってきていたベビーベッドをありがたく借り受けたのですが・・・
まぁ、ガードしなければならないペットや兄弟もいないので、なくても問題ありませんでした。
3ヶ月からは大人のベッドで添い寝になったので、ベッドは柵程度の位置づけで部屋に置いてあるだけで、ベッドとしては使っていませんでした。

布団は、添い寝するようになってからはお昼寝専用になりました。
寝汗をすごくかくのと、おしっこのそそうがほとんどない子だったのとで、防水シートはすぐに使わなくなり、シーツではなく厚手のバスタオルを敷いて使用。
掛け物は、室温がそう極端にはならないので、タオルケットか綿毛布だけが多かったです。
夜は息子の寝る位置にだけ防水シートを敷いてからシーツをかけ、更にバスタオルを敷いて寝かせましたが、こちらもすぐにバスタオルだけになりました。

で、ハイローチェアについては、大活躍でした。
色々考えて、オートスイング機能がついていないものにしたのですが、十分でした。
どっちにしても、寝かせて放っておくものではないと思うので・・・。
起きている時は、大人の食事に付き合わせるようにしていたし、何より引っ越す前の家ではキッチンで沐浴させていたので、場所が狭く、湯上がりに着せるものを広げておくのに必須。
テーブルにタオルを広げて、息子を軽く拭いてあがらせたら転がし、耳やおへそのケアをして、平行移動でハイローチェアの服の上に移して着せる、という段取りでした。
気持ちよくてそのまま寝てしまうこともあったので、おっぱい間一回分ぐらいならそのまま寝かせていました。
また、抱っこがしんどいときなんかは、数回ですが寝かせに使ったこともありました。
家のリビングが、基本的に椅子スタイルなのでなおさら使い勝手がよかったのかもしれません。

その後、寝返りをうつぐらいから、お座りが安定するまでの数ヶ月は用途がなかったので畳んでいましたが、座り始めたら離乳食をあげるのに使い出し、1歳半の今でも食事は毎回これです。
補助装置(上げ底クッションや、テーブルに直接つける椅子)を使って親と同じテーブルにつけるのでもいいと思うのですが、チェアを有効利用するために、我が家ではこれらのグッズは買ってません。
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おへや・おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

授乳関連

授乳服やプラについての、私のスタイルです♪

授乳服
授乳口がついている、いわゆる授乳服というのは、そりゃ便利です(笑)
でも、産後しばらくして体形が戻った時にもおしゃれに着られるものはすごく少なくて、大抵はマタニティーを兼ねてます。
まぁ、少し人目があるところで「おっぱいあげちゃえ〜♪」となった時には活躍するので、何着かはあった方がいいと思いますが。
私は、許せるデザインのをベルメ○ンで数着買った以外は、胸にボタンがついているタイプのカットソーなどで代用していました。
でも、夏場に短い丈のTシャツをまくりあげて授乳するのに慣れたら、ボタンの掛け外しが面倒になってやっぱりまくりあげたりもしました。

まくりあげた服の始末には、最初は洗濯ばさみなんか使ってましたが、息子のくびがすわってからは、片手が開くので手で押さえました。
大きな輪になったゴムで首に引っかけるという人もいるようです。

パジャマは、産院で着るものは別として、特に授乳口のついたものは持っていません。
セパレートになっているパジャマに、少々の漏れなら吸い取るようにとブラハーフトップを着用するのが常でした。

授乳ブラ
授乳ブラは大活躍でした。というか、1歳半の今でも活躍中。
エンジェ○ーベ、ベルメ○ン、○印、ローズマ○ム等々持っていましたが、私はローズマ○ムのウインドウオープン型のが形も良く一番使いやすかったです。
クロスオープンも人気らしいですが、私は持ってませんでした。

posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

準備〜おっぱい関連

母乳で育てようと思っていたので、ダメだった場合は必要なものを買えばいいというスタンスでミルク用品は全く買わず。


授乳用クッション
母乳パッド(使い捨て)
ガーゼ(5枚):産院でさらに5枚もらいました。
退院後すぐに、
母乳パッド(布)
清浄綿
を購入。


他に、産院で200ccのガラスのほ乳瓶と、スティック状の粉ミルク1箱、小さな缶の粉ミルク、大きな缶のアレルギー対応粉ミルクをもらいました。

まず、母乳関係では母乳パッド。
洗うのは面倒かなと思って使い捨てにしたんですが、テープで留めてもすぐにヨレるし、射し乳タイプだった私は、さしてバンバン替えなくてもよかったしで、布の方が気持ちよく使えました。

それから清浄綿。
産院で使うように指導されたので、3ヶ月ぐらいかな、かなり真面目に使っていましたが、次回(があれば)はまず使わないと思います。
母乳自体は十分清潔だし、傷などの保護作用もあるそうなので、神経質に拭くと却って痛くなるんだとか。
残存成分も気になるし・・・。
ママが普通にお風呂に入ってキレイにしていれば十分だそうです。
それでも気になるなら、濡らしたガーゼで拭くとかね。

授乳クッションは・・・私の場合ビミョウでした。
お座りの補助にも使えるし便利、という声もたくさん聞くので、向き不向きがあるのかもしれません。
実際、入院中はないとあげづらいと思ってました。
2ヶ月過ぎから添い寝にしてしまったので、腕がしんどかったらすぐ寝転がっちゃったから要らなかったのかな・・・
普通のクッションでも十分事足りました。

ほ乳瓶は、搾母した分を飲ませるのに使いたかったのですが、もらったものは大きかったので100ccのを買ってきてもらいました。ピジ○ンのガラス製。
でも、すぐに搾母の必要はなくなったので、使用期間は短かった〜。
果汁なんか用にと、プラの100ccのも持ってたんですが、息子がほ乳瓶に慣れていなかったのでほとんど使いませんでした。
結局、粉ミルク自体も預ける時に使ったぐらいでもらったもので足りました。
というか、6ヶ月の時に半日預けたのにミルク断固拒否でバナナに救われてから、保険でミルクを持たせても「飲みませんでした〜」と言われるばかりでした(笑)

あと、モノではないですが、おっぱいマッサージはやってよかったんじゃないかと思います。
特に、基底部マッサージ。
一日一回でお手軽だし、産前の1ヶ月強だけでしたが簡単なので続けられました。
入院仲間のうち、早めに自律できる程になった人はみんなやっていました。
もちろん私も、1日目だけはゼロ行進でしたが、2日目の午後から急に出始めて3日目からは自律でした!

ほか、授乳関連の私自身のもの(授乳服など)は、また別の日に。
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おっぱい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

準備〜お風呂関連品

お風呂だけは、退院したその日から使うからと言われ、割と考えてちゃんと買いました(笑)

ベビーバス
ボディソープ
湯温計
ベビーめん棒
沐浴布(ガーゼ)


ベビーバスは、迷いました。
が、生まれた当初に住んでいたアパートはお風呂場の洗い場&洗面所が狭かったこと、借りるのはちょっと抵抗があったことから、キッチンのシンクで使えるタイプのものを購入しました。
偶然、頭を置く場所がついているものだったのですが、これが大正解。
1ヶ月過ぎて大人と同じ湯船に入れるようになっても、私一人で入れていたので、自分が洗ったり拭いたりするときにちょっと寝かせるのに便利で8ヶ月ぐらいまで活用していました。
そのため、いわゆるお風呂椅子というものは買わずにすみました。
もっと月齢が進んでからも、事情でシャワーだけとかいうときに、息子だけはこれにお湯を溜めて半身浴をさせて暖まらせるのに使えました。

ボディーソープは、髪も洗えるものですが、泡で出るものにしました。慣れるまではその方がいいと思います。
ただし、最初は産院でサンプルにもらったSepamedを使用していました。
手に少しこすりつけて全身になで付け、バスのお湯で流す感じ。
仕上げ流しはしませんでした。
顔周りはガーゼを使いました。

沐浴布は、使ってもみたんですが、息子がお風呂にまったく恐怖を示さなかったので面倒になってすぐに使わなくなりました。
その後、身体を拭いたりするのにぼちぼち使用。

綿棒は、しばらくは赤ちゃん用の細いものの方がいいと思います。
毎回耳と鼻を拭くので100本入りのを買って、結局数回買い直すぐらいは使いました。
ただ、おへその消毒には普通の綿棒を使用。
産院でもらった分で足りましたが。

湯温計は・・・微妙です。
最初は使いましたが、ヒジの辺りの皮膚は敏感なので、ぽちゃっと浸けると38℃と40℃ぐらいは感じ分けられることが分かったので、使わなくなりました。
たまにチェックのために使ってみたりもしたかな(笑)
大人と同じお風呂になってからは、自動給湯器頼みで使用せずです。

湯上がりタオルは、出産祝いで2枚貰いました。
一隅がポケット状になっていて、正方形のもの。
最初はバスタオルでいいじゃんと思ってたんですが、くるんで拭くには使いやすくて私は重宝しました。
歩くぐらいになっても、じっとしていない息子の頭にひょいっとポケットを引っかけてざっと拭き、捕まえながらくるんで全身を拭けばOKだったので、ヘタってだめになるまで使い倒しました。
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おふろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

準備〜おむつ類

できれば布おむつで育てたいと思っていたのですが、ギブアップすることも考えて最小限にとどめました。

仕立て上がりおむつ:20枚(ドビー)
おむつカバー(50cm):3枚(ウール)
つけおき用バケツ(ふた付き)
タオル干し


布おむつには、私が買ったような(昔ながらの)輪っかになった布状のものと、成型おむつがあります。
成型おむつ派の方も多いですが、少し割高なのと乾きにくいのとで、続くか分からない準備段階では敬遠しました。
結果、続いた訳ですが、その後は同じのを10枚買い足し、1歳を過ぎて一度の量が多くなった頃に多重構造の成型おむつも5枚買いました。
やっぱり成型おむつは乾きにくく、結局輪っかのを2枚重ねしたり折り方を工夫したりの方が便利だったかな〜。

紙おむつについては、産院でパンパースを2パック支給されて入院中から使ったのですが、残ったものは外出するときに使いました。
新生児サイズじゃなくなる頃にちょうど使い切ったので、自分では買わずじまいでした。
特に問題なく使いやすかったと思います。

おむつカバーも色々ありますが、新生児期は蒸れにくいウールで正解だったと思います。
少し割高ですが。
西○屋で買いましたが、股ぐりのフィット感も良く、優秀でした。

つけおき用バケツは、ふた付きのを100均で探しました。
現在、1年半使ってますが、まったく問題ありません!

タオル干しは、10枚を放射状にぐるりと干すタイプのを2つ買っておきました。
やはり100均。
その後、タオルもたくさん使うようになるので重宝しています。
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おむつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

準備〜小物編

着るもの関係の小物はこんなもんでした。
帽子
靴下(2足セット)
ミトン(セット品)
スタイ(3枚組)ほかにお祝いでも5〜6枚いただきました。
アフガン


帽子は、外に出るようになる頃にまだ寒かったので、割と使いました。
息子は薄毛だし(笑)
トイ○らスでかわいいのが売ってたな。
靴下も同じく。9-11なんてサイズは、すぐ履かなくなるので安いもので十分でした。

ミトンは、肌着やウエアとセットになっていたものですが、息子の場合まったく使用しませんでした。
脂漏性湿疹の時期に、顔をひっかかないようにはめさせたことはありますが、却って不潔な気がして、爪をこまめに切る方をとりました。

スタイは、息子がヨダレ大魔王だったため、かなりの期間活躍しました。
ヒモで縛るものは使いにくくて補欠。
新生児期は、止める位置が真後ろではなく横にきているものが使いやすかったです。
少し大きくなると、裏側に防水生地をはってあるのがメイン。
タオル地のものも便利でした。

アフガンは、冬生まれなら必要と言われたのですが、寒い時期には外に出さないのが基本なので、あまり使わなかったです。
数回の使用なら、大人のひざ掛けとか厚手のバスタオルの使い回しで十分だと思います。
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 着るもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。