2007年03月21日

ベビーカー

ベビーカーは、前にも書きましたが、息子が生まれた時に住んでいたアパートが4階のエレベーターなしだったので、1ヶ月で引っ越すまでは買いませんでした。
引っ越し後に買ったのは、コ○ビの「リッコW」シリーズ。
A型ですが両対面です。

トイ○らスに息子を連れて行き、乗せながらいくつも試して決めました。
最後まで残ったもう一つはアッ○リカの「ベビークルーザー」シリーズ。
ちょうど4WF機構が出たばかりで、運転しやすさがアピールされていました。
実際に、私はそれまで二輪しか動かないということを知らなくて、このメリットはあまり理解できませんでした。
リッコを買ってみて初めて分かって、確かに扱いづらい!!と思ったんですが(笑)
結局、対面で押す時期が非常に短かったので、コツが必要だったのもその時期だけでした。

決め手になったのは、畳んだ時のコンパクトさ。
これは当時はリッコが圧倒的に薄くなりました。
オットの実家には新幹線で行くのですが、普通の座席でも畳んで足元に置けました。
車に積むにも、玄関に置くにも、狭い我が家には強い味方でした☆

他には、畳む時に片手で簡単にできたことも大きかったです。
私は、息子を連れて一人で出かけることが多いと思われたので、抱き上げて片手でしまえないと大変だなと思ったんです。
特に、とりあえず畳むのは片手でも、その後でハンドルを両手で畳まないとコンパクトにはならない設計が多い中で、リッコは一発で畳み終了!というのが優れてました。
あと、畳んだ後に自立しないものも、同じ理由でNG。
リッコは初めてやってみた日でも、簡単にコツがつかめて、実際に息子を抱っこしたまま畳んで、コロコロ引きずって歩き出せました。

気になったのは、コンパクト設計故にシートが狭く見えたことです。
アッ○リカの方が、シートの広さを謳っていただけになおさら。
これは乗せてみて確かめたのですが・・・結論は、リッコも見た目ほど子どもは窮屈でなさそう、ということでした。
シートの立ち上がりが垂直に近いので、みている方としては間口が狭い分狭く見えるのですが、乗っている本人にはあまり影響しないようです。
これは2歳近い今でも問題ありませんし、息子自身もベビーカーがイヤとは言ったことがないので、窮屈感もないんだと思ってます。

B型については、一時期本気で検討しました。
子どもが重くなってくると、日本製のはどうしてもフレームの剛性が足りなくてきしむのです。
が、リッコはその点も比較的考慮されていて許せる範囲だったこと、海外モノは頑丈でも大きくて重くて、息子にプラスして持ち歩くことは考えにくかったこと、我が家がそれほどベビーカーの頻度が高いスタイルでなかったこと、などが理由で買うには至りませんでした。
1歳半も過ぎると、ベビーカーはしまい込んでたまにしか出さなくなっていましたので。
歩く距離が長い生活をしている人には、B型への乗りかえも必要かもしれませんね。

そういう意味では、もっと軽くてもっとコンパクトなおもちゃみたいなB型があっても・・・と思うこともありました。
アンブレラ型というやつです。
しかし、これは安価なものはほとんど自立しないし、リッコではだめなのかというとそうでもなく・・・。
トイ○らスで500円で買えたものを持ってはいますが、非常用として車に積みっ放しでした。

こうして今振り返っても、リッコは多少お値段が張りますが、一台で全てをまかなうと思えば、我が家にはいい買い物でした。
そうでなければ、チャイルドシートの選択と合わせて、新生児の頃は多機能タイプのステーション型、7ヶ月ぐらいからはB型という選択もありかな。
小さい頃は、とにかくチャイルドシートで寝てしまうので、降ろす時に起こさないであげたいな〜と常々思っていましたので。
そのままチェアにもなるし、ベビーカーにもなるし、よさげ。
ただ、我が家はB型をめいっぱい乗り切るというスタイルではないので、後半は少々もったいないかなという気もします。
生活スタイルとよく相談するのがよいですね☆
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65558681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。