2007年03月18日

抱っこ紐・おんぶ紐

出産時に住んでいたアパートにはエレベーターがなく、部屋が4階だったこともあって、息子が1ヶ月の時に引っ越すまではベビーカーを買わずにいようと決めていました。
でも、私もオットも新生児を抱っこした経験がないので不安になり、横抱き用の抱っこ紐を買おうということに。
ニンナナンナの4way抱っこ紐「はじめてホールド」を西○屋でゲットしました。
つくりがとてもしっかりしていて、よく考えられているなぁ〜と思ったのが決め手。
事前の情報では、使い方が煩雑で使うたびに説明書を読まないと分からない!!という評判もあったのですが、理解できてしまえはさほどでもなく。
何より両手が空くので、安全が第一ということで、外に出る時には必ず使っていました。
オットは、家で抱っこする時にも使用してました。

首が据わって立て抱きができるようになると、これを対面抱っこで使用しました。
5ヶ月ぐらいになると、前向き抱っこやおんぶでも使えるようになり、私も家事をするのにおんぶがしたいなぁ(抱っこだと前が見えなくて不便)と思っていたので使ってみたのですが、ヘッドパッドを支える紐部分が息子の顔にかかってしまい、摩擦でじんましんが出やすかった息子にはちょっとコワい。
ちょくちょく鏡でチェックしていました。
しかも、お散歩の時には前向きに設定し直さないとならないのが、毎日だと面倒・・・。
ちょうどその時期に、同じくニンナナンナの抱っこ紐(前向き・対面兼用;もう廃版みたいですが「だっこ&おんぶベーシック」が近いかな)とおんぶ専用紐(かるがるキャリー)を友達からもらいました。

仕組みが簡単で乗せ下ろししやすかったので、お散歩にはこのもらった抱っこ紐を使うようになりました。
4wayは前向き抱っこのオット用で調整しておき、週末に使用するのみに。
(オットはいつも前向き仕様でした。息子に私が見えるように、ということです。)
が、その後もう少し重くなってくるともらった抱っこ紐では肩ひもが細くて段々辛くなり、私もまた4wayの抱っこ紐に戻りました。
お値段がよかったこともあり、肩ひものクッションや補助板の頑丈さなどが優秀ですごくラク〜♪
使わないともったいないし(笑)

息子は体重が軽めに成長したので、1歳の冬までは抱っこでお散歩に連れて行っていました。
ベビーカーだと体感温度が分かりにくいのと、話し掛けにくいのが気になって、大変ではあったけど私自身もあまり好きではなくて。
エンジェ○ーベで買ったオレンジ色のママコートに二人でくるまって、毎日外出。
案外、お歳を召した方々によく褒められました(^_^)

おんぶに関しては、もらった専用おんぶ紐の方がぐっと使いやすかったです。よくできていました。ささっと使えるのもよかったです。
掃除機をかける時などに埃がたつのが気になって、おんぶで家事をすることも多かったので、家では1歳近くなるまで毎日のように使っていました。
重さも抱っこよりは感じにくいし腰も楽でした。
ただ私は、外におんぶで出ることはほとんどなかったのですが、出るのなら重くなってからは4wayのにしたくなっていたかもしれませんね。

というわけで、結果3種類持っていた抱っこ・おんぶ紐ですが、どれもそれなりに利用価値がありました。

その後、腰も据わると簡単な補助具も使えるようになるので、ネット状になった「簡単抱っこ紐」(西○屋)も購入。Tongaのなんちゃって品なのかな(笑)
1000円ぐらいだったのですが、とてもコンパクトで、かつ息子を抱っこしたままバッグから出して装着することができ、一人で連れ歩く時にはすごく便利でした。
歩くようになってからも、すぐに抱っこと言い出すので、しばらく持ち歩いていましたよ。
この「腰据わり後」シリーズは、他にニンナナンナのクイックだっこホールドというのも持っていました。
オットが上記ネットのは使えない(体格によってサイズが決まっている)ので。
こちらは、主にイザというとき用(?)として、車に積みっ放しにしていました。

フェリシモのバッテンになる抱っこ紐も人気がありますよね。
あと、スリングか〜。
私はこれだけ持っていたのでもう要らない!と思い、気になってはいたんですが手を出せませんでした(^^;
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。