2007年03月11日

洗い道具などなど

ベビーバスで入れていた頃は、顔周りはガーゼを使っていましたが、大人と一緒のお風呂に入れるようになって海綿を使うようになりました。
あまり安いものではないんですが、敏感肌の息子には合っていたみたいです。
1歳ぐらいまでは、何度も海綿をリピートしてました。
その後は、ソープを泡で出るタイプのものから固形に変えたのと同時に、キュレルの敏感肌用タオルを組み合わせて使っていました。

シャンプーは別に用意した方がいいという人もいますが、ずっと身体と同じ洗浄剤で洗っています。
特に問題は感じません。
洗浄剤自体も、そろそろ大人と同じでも・・・と思ったりしますが、まだ時々じんましんが出たりもするので、肌状態が落ち着いたら考えます。

入浴剤は、エモリカ、クユラ、フェルゼアを使ってきました。
水道水の塩素の影響もあるかと思って、さら湯には入れていません。
この辺は、確かめたことがないので効果の程は分かりませんが・・・

お風呂椅子は、「準備編」で書いたように最初はベビーバスを転用していました。
かなりの間おとなしく座っていたのですが、一人座りするようになると身体を起こすようになりました。
6ヶ月過ぎてから、お部屋で「バンボソファ」を使うようになったのですが、素材的に濡れても安全そうだったので、これをお風呂でも使用。
濡れても、しばらく洗面所に伏せておいて、軽くふき取ればすぐに室内に持ち込めたので重宝しました。
それも、1歳前後でつかまり立ちが上手になると抜けるようになり、その後は浴槽内に立たせて待機。
それすら嫌がるようになってからは、でたがれば洗い場に出して好きなようにさせています。

お風呂は、平日はほとんど私が一人で入れてきました。
この辺のテクというか手順については、また別の記事で・・・
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おふろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。