2007年03月09日

準備〜チャイルドシート

はー。
ネットトラブルではあるんですが、この記事、もう2回書いて2回とんでます。
ヘコむなぁ・・・・・

気を取り直して。
チャイルドシートは、車で退院するならすぐに必要ですよね。
里帰り出産の人は、あらかじめ送っておく人もいるらしいです。
私は、臨月に入る頃に買いましたが、予定日出産だったからよかったようなものの、少し遅いですね(^^;

数をおいているお店でチェックし、詳しいお店の人に話を聞いて種類を絞りました。
その後で、何店舗か回って値段チェックをし、結局最初のお店で購入しました。
アップリカの、マシュマロベッドサーモW850という機種です。
新生児期に水平ベッドになることと、乗せ下ろしが楽なようにターンがフリーであることぐらいがチェックポイントでした。
最後まで、コンビのゼウスターンと迷ったのですが、後ろ向きで設置した時に、台座部分と対面する仕組みなのがどうしても気に入らなくて、アップリカに(こっちはシートと対面します)なりました。
息子が1歳になったころに、レンタカーでゼウスターンを試すチャンスがあったのですが、アップリカより座面が高くて見通しがよかったのか、チャイルドシートイヤイヤ期だったにもかかわらず、息子はご機嫌で乗っていました。
なので、どっちにしても大差なかったかもしれません。

ただ、乗っている方の快適さと安全性は別物なので、その辺はよく理解して納得した方がいいと思います。
私は読んでいなかったのですが、ちゃんと調査された結果も公表されているので、参考にするといいと思います。
http://www.nasva.go.jp/mamoru/childseat.html

シートの性能とは別に、ちょうど後ろ向き時期にイヤイヤ期が重なって大変でした。
しかも、少しでも薄暗くなれば怖いのか大泣きして・・・
私一人だと、もしかして何か苦しいのでは?と思って止まって確かめてばかり。
下ろせばすぐに泣きやむのですが、また乗せれば号泣で・・・
確認用の鏡なんかも売ってはいるのですが、姿が見えると却って泣くかなと思ったのと、結構お高いのとで購入せずでした。
辛い思いをして連れ帰ったことも多く、車での外出は敬遠しがちでしたね〜。

それも、前向きシートにする頃には、言葉も通じるようになったし、また助手席に誰も乗らない時はヘッドレストを外して視界をよくしたのもあって、息子自身がドライブを楽しめるようになりました。
泣いてもわめいても、一貫して「車に乗る時はシートに乗らなきゃダメ」という姿勢を貫くことも大切かもしれません。
子供って、親の心の揺れがあれば、確実に突いてきますからね・・・(苦笑)

余談ですが、キッズタイプに乗りかえる時には、レカロが気になるな〜と思ってます。
【関連する記事】
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。