2007年03月06日

準備〜おっぱい関連

母乳で育てようと思っていたので、ダメだった場合は必要なものを買えばいいというスタンスでミルク用品は全く買わず。


授乳用クッション
母乳パッド(使い捨て)
ガーゼ(5枚):産院でさらに5枚もらいました。
退院後すぐに、
母乳パッド(布)
清浄綿
を購入。


他に、産院で200ccのガラスのほ乳瓶と、スティック状の粉ミルク1箱、小さな缶の粉ミルク、大きな缶のアレルギー対応粉ミルクをもらいました。

まず、母乳関係では母乳パッド。
洗うのは面倒かなと思って使い捨てにしたんですが、テープで留めてもすぐにヨレるし、射し乳タイプだった私は、さしてバンバン替えなくてもよかったしで、布の方が気持ちよく使えました。

それから清浄綿。
産院で使うように指導されたので、3ヶ月ぐらいかな、かなり真面目に使っていましたが、次回(があれば)はまず使わないと思います。
母乳自体は十分清潔だし、傷などの保護作用もあるそうなので、神経質に拭くと却って痛くなるんだとか。
残存成分も気になるし・・・。
ママが普通にお風呂に入ってキレイにしていれば十分だそうです。
それでも気になるなら、濡らしたガーゼで拭くとかね。

授乳クッションは・・・私の場合ビミョウでした。
お座りの補助にも使えるし便利、という声もたくさん聞くので、向き不向きがあるのかもしれません。
実際、入院中はないとあげづらいと思ってました。
2ヶ月過ぎから添い寝にしてしまったので、腕がしんどかったらすぐ寝転がっちゃったから要らなかったのかな・・・
普通のクッションでも十分事足りました。

ほ乳瓶は、搾母した分を飲ませるのに使いたかったのですが、もらったものは大きかったので100ccのを買ってきてもらいました。ピジ○ンのガラス製。
でも、すぐに搾母の必要はなくなったので、使用期間は短かった〜。
果汁なんか用にと、プラの100ccのも持ってたんですが、息子がほ乳瓶に慣れていなかったのでほとんど使いませんでした。
結局、粉ミルク自体も預ける時に使ったぐらいでもらったもので足りました。
というか、6ヶ月の時に半日預けたのにミルク断固拒否でバナナに救われてから、保険でミルクを持たせても「飲みませんでした〜」と言われるばかりでした(笑)

あと、モノではないですが、おっぱいマッサージはやってよかったんじゃないかと思います。
特に、基底部マッサージ。
一日一回でお手軽だし、産前の1ヶ月強だけでしたが簡単なので続けられました。
入院仲間のうち、早めに自律できる程になった人はみんなやっていました。
もちろん私も、1日目だけはゼロ行進でしたが、2日目の午後から急に出始めて3日目からは自律でした!

ほか、授乳関連の私自身のもの(授乳服など)は、また別の日に。
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おっぱい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49988244
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。