2007年03月05日

準備〜お風呂関連品

お風呂だけは、退院したその日から使うからと言われ、割と考えてちゃんと買いました(笑)

ベビーバス
ボディソープ
湯温計
ベビーめん棒
沐浴布(ガーゼ)


ベビーバスは、迷いました。
が、生まれた当初に住んでいたアパートはお風呂場の洗い場&洗面所が狭かったこと、借りるのはちょっと抵抗があったことから、キッチンのシンクで使えるタイプのものを購入しました。
偶然、頭を置く場所がついているものだったのですが、これが大正解。
1ヶ月過ぎて大人と同じ湯船に入れるようになっても、私一人で入れていたので、自分が洗ったり拭いたりするときにちょっと寝かせるのに便利で8ヶ月ぐらいまで活用していました。
そのため、いわゆるお風呂椅子というものは買わずにすみました。
もっと月齢が進んでからも、事情でシャワーだけとかいうときに、息子だけはこれにお湯を溜めて半身浴をさせて暖まらせるのに使えました。

ボディーソープは、髪も洗えるものですが、泡で出るものにしました。慣れるまではその方がいいと思います。
ただし、最初は産院でサンプルにもらったSepamedを使用していました。
手に少しこすりつけて全身になで付け、バスのお湯で流す感じ。
仕上げ流しはしませんでした。
顔周りはガーゼを使いました。

沐浴布は、使ってもみたんですが、息子がお風呂にまったく恐怖を示さなかったので面倒になってすぐに使わなくなりました。
その後、身体を拭いたりするのにぼちぼち使用。

綿棒は、しばらくは赤ちゃん用の細いものの方がいいと思います。
毎回耳と鼻を拭くので100本入りのを買って、結局数回買い直すぐらいは使いました。
ただ、おへその消毒には普通の綿棒を使用。
産院でもらった分で足りましたが。

湯温計は・・・微妙です。
最初は使いましたが、ヒジの辺りの皮膚は敏感なので、ぽちゃっと浸けると38℃と40℃ぐらいは感じ分けられることが分かったので、使わなくなりました。
たまにチェックのために使ってみたりもしたかな(笑)
大人と同じお風呂になってからは、自動給湯器頼みで使用せずです。

湯上がりタオルは、出産祝いで2枚貰いました。
一隅がポケット状になっていて、正方形のもの。
最初はバスタオルでいいじゃんと思ってたんですが、くるんで拭くには使いやすくて私は重宝しました。
歩くぐらいになっても、じっとしていない息子の頭にひょいっとポケットを引っかけてざっと拭き、捕まえながらくるんで全身を拭けばOKだったので、ヘタってだめになるまで使い倒しました。
posted by のん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おふろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。